2018年02月02日

えっ、ツタヤさんが?

三浦市の人口四万人。二十年で一万人近くは減っています。日本中で人口減少の衰退期に入っているのではそれも詮無いこと。市の経営も予想以上に綱渡り?かな。三浦市の借金が県下でもトップクラスと聞くとそんな財政下であの引橋の消防署は必要だったのかとちょっぴり疑問。余計な話ですが。

そんなことを思うのも、あのツタヤが閉店と聞いてなんだかちょっぴり寂しくなって、そうか、それほど景気は良くないのかしら?言われてみれば近ごろレンタルビデオも借りに行くこともなくなって、本も買わないなあ、CDも買わないなあ。こうして町からCDショップが消え、本屋が消える。城ケ島に向かう道沿いの洋菓子屋さんがお店をたたんだのも三、四年前?の話でしたか。こうして町から人の息遣いが消えていくのでしょうか。街を町たらしめるのはものの売り買いが活発に行われて、人の行き交う様の夕暮れ、まさに民の竈の賑わいが窺えてこその繁盛なのですが、寂しいですね。

今年の冬は厳しいですね。明日のお天気も期待はできませんが、ヌフは頑張ります。まさか、雪ってことはないでしょうね?



posted by dady at 16:31| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月26日

再会の時

大変お待たせして申し訳ありませんでした。
明日のお天気が心配ですが、お空は良さげですか史上最強の寒波と聞くともういけません。(笑)さて、それでもパン・オ・ヌフは頑張ります。明日の土曜日は営業いたします。

明日は久しぶりにリュスティックの登場です。そう、あの伝説の、「田舎風のリュスティック」です。バゲット生地で、うっすらとクルミの欠片が練りこまれたシンプルなパン。フランスの田舎町のパン屋さんならどこにでもあるだろうあのリュスティック。横着なパンの右代表。ヌフのリュスティックはそんな田舎町の極北のリュスティック。このパンを完成させるために払った執念の時間を返せ、って誰に言ってるの?(笑)

その「田舎風のリュスティック」と「イモ・ドス・エー」が明日は復活です。
「イモ・ドス・エー」はまたお兄さんの「イモ・デ・ゴワス」とは生き別れの復活です。ま、早い話が、「イモ・デ・ゴワス」は明日は帰ってこないってことです。行方不明の弟と鳥、そして「イモ・デ・ゴワス」。
いつの日か、また帰っておいでと念じつつ、おかえりイモ・ドス・エー。

そんなわけのわからないパン屋さんがパン・オ・ヌフの真骨頂。明日、お待ちしております。十時開店です。

DSCN144.jpg

行方不明の「イモ・デ・ゴワス」↑と「帰ってきたイモ・ドス・エー」↓です。

DSCN7.JPG

リュスティックもね。

リュスティック.JPG

ようこそパン・オ・ヌフの極北の世界へ


posted by dady at 10:51| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月22日

初雪や 寒さの底に 輪をかけて

いやあ、今日は寒いですね。お店にいても寒さがしんしんと身にしみます。こんな日にはコタツの中で、みかん、たくあん、カンパーニュ。おまけに夜は停電ときては何をか言わんや。しかし、冬は雪が好きになること、寒さを好きになること、これが鉄則ですね。そうすると、なんだかこの不便な夜も許せてしまうこの不思議。

先日物入れの中のレコード盤を整理して、奥にしまいこんでいたレコードを引っ張り出して再び日の目を見せてやろうと埃を払い、ジャケットを雑巾で丁寧に拭いて、部屋の棚の真ん中に綺麗に並べ、いつでも取り出せるようにしてあげるとあら不思議、なんだかいちまい一枚が光り輝いて早く俺をターンテーブルに乗せてくれとかまびすしいこと。

ああ、君たち、なんて久しぶりなんだ。おかえり。ごめんね、これまで隅に追いやってしまって、ほんとうは君が大好きなんだ。なーんて気恥ずかしいんだけど、引き裂かれた恋人たちが出会ったようでそれはそれで嬉しいんですね。
で、綺麗に並んだレコード盤の背中をジッーと眺めながら、これがいつまで見ていても飽きない。ああお前、なんだか髪に白いものが混ざってきたね、なーんてお互いに労わりあったりしてこれもレコード盤との長い友情の証なんですね。いや、レコードはなんて摩訶不思議。もうすでに人格が備わっている。
で、決めた。これから毎日一枚づつ、順不同、並べた棚の右端から好き嫌いなしにぜ〜ん部聞いてやる。一年あれば完結さ。よし、決めた。

棚に並んだ順番は、アーティスト別だったりするもんですが、なんせ物入れの奥から呼び込んだもんだから並べ替える暇もなく、ただ片っ端からしまいこんだのでこの何が出てくるかわからないところが味噌なんですね。
で、一枚目は何かなあ?、じゃん、ローリング・ストーンズの「スティッキー・フィンガース」でした。例の、アンディー・ウォーホールが手がけたジッパー付きの下品なジャケが話題を呼んだストーンズ'71年の傑作です。
ウェー、これは何年ぶりだろう?ストーンズの「ベガース・バンケット」「レット・イット・ブリード」そしてこの「スティッキーズ」はストーンズの傑作三部作と言っていいんでしょうね。3本続けて傑作を創作できるのはこれはもう間違いなく才能の賜物です。

stonesvandog

さて二日目はヴァン・モリソン、三日目はスリー・ドッグ・ナイト。そして停電の四日目の本日。ジャン!
ブルース・スプリングスティーンの「ボーン・イン.ザ・USA」。よく聴いたなあ。

bornintheusa

このジャケのカットもストーンズのスティッキーズを意識したのは間違い無いでしょうね。
そんな風にして初雪の舞う夜は更けてゆく。Cover Me ぼくを守って。




ようこそパン・ト・ハ無縁のわたしの世界へ






posted by dady at 22:56| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月19日

明日二十日は、お休みをいただきます。 明日二十日はお休みをいただきます。

店主の風邪が治ったらと思う間もなく、こんどはシェフがダウン。
今朝はだいぶ回復してきている様子ですが、大事をとって、二十日の明日土曜日は休業とさせていただきます。

楽しみにお待ちいただいている皆様にはたいへん心苦しいのですが、ご容赦を。
体調を万全にして出直します。よろしくお願いいたします。

さて、私たちも今年に入ってまともにパンを食べていないので、パン渇望症候群がぐんと増してアップップ。
ほんとうに美味しいパンを皆様の食卓にお届けしたい、なのに、なのに、掛け声倒れで申し訳ありません。
今しばらくお待ちいただければと、深々と一礼です。

パン・オ・ヌフ
posted by dady at 09:09| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月12日

お正月はとっくにあけて、、、

いまさら言えないあけましておめでとうございます⛩
松の内も明け、鏡開きも済んであとは仕事。そんなモードが狂おしい年のはじめのヌフの仕事始め。実はお正月は例年九州の実家なのですが、今年の大分は寒かった。実に寒かった。三浦に帰ってくると途端に風邪でダウン。鼻水がつらい。
なんとか動けるのですがこの商売、食べ物を扱う以上は慎重にも慎重、用心にも用心をかさねて、そんな微妙な判断も覚束ないのですが、要は13日は休業をいただきます。ごめんなさい🙇‍♀️🙏🙇!

みなさまお正月はいかがでしたか?私どもはシェフとふたり、とってもハードな九州の旅。大分から長崎へ、帰りは九重で一泊、飯田高原に足を延ばして翌日は日田の小鹿田焼きを見て、と、計画は良かったのですがホテルに電話すると今日は温度が下がって来ていますので夜は雪でしょう❄️。スタッドレスかチェーンでなければ無理だと思います。
さあ、弱った。弱った。弱った。チェチェチェッ。
そんなおバカな道中も、得意の困った時には笑い飛ばせとふたりでゲラゲラ笑ってばかり。いいことも悪いこともひっくるめて、今年も良い年でありますように。

できることしかやれない私たちですが、本年もよろしくお願いいたします。
予定は未定で恐縮ですが、二十日の土曜日にはオープンします。


らーしゃい。大正焼きよりおいしいよ。

posted by dady at 15:39| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月29日

ポーク〜今年もいろいろありました。

一年のたつのは早いもの。師走は何かと来し方行く末を思い描いて目線が遠くに泳いでしまうものですね。

今年印象に残る出来事といえばやっぱり大相撲を騒がせたモンゴル勢の傍若無人に尽きるのかしら。貴乃花親方の理事降格でひとまず幕引きということですが、貴乃花の提起した問題は何も解決していない。
もともと無理があるのはこの問題の本質が八百長問題で、証拠がない以上それは難しい。世間の大騒ぎも結局そこは曖昧にして議論するものだから何が何だかわからない。ファジーな相撲の世界は常に八百長と紙一重、八百長はあってもいいが、紙一重でどっちに転ぶか?今の相撲が紙一重どころか二重であっち側に転んでしまっているところに貴乃花親方の深い絶望があるのでしょう。

白鵬の言う膿を出しきるのは果たしてモンゴル勢か相撲協会か?膿はどっちか?と言うことに最後は収斂して行くのでしょう。そう言う意味ではこのあと、いずれは訪れる白鵬の引退が無事に遂げることができるかどうか?この一点にかかってきます。有終の美を飾って横綱引退?多分、それはないのではないか?引退勧告か?解雇か?そのどちらか?きっかけは何かわかりませんが、つまり、白鵬には言い方は悪いけれど、××に付ける薬はないということです。

ネットでニュースを見ていると、いろいろと面白いものがひっかかってきます。自民党の石破茂氏がこんなことを書いています。
「その意味で、爆笑問題の太田光さんとのやりとりは私にとっても大変勉強になります。私の知っている限り、ビートたけしさんと太田光さんは本物の天才のように思われます。」
前後の文章は省略します。どうせロクデモナイ文章ですから。(笑)
(叱られそうですが、、、。)
本物の天才というものをこのような低い次元でしか想像できない政治家に日本の明日を任せていいのでしょうか。

世の中が矮小化して、世界には本物の天才と呼べるごく限られた人間が一握りに過ぎないかもしれないけれど、いるということ。それはテレビで御目に掛かるお手軽なおしゃべりや底の浅い道徳や、思いつきの提言などではなく、深い想像力の底から湧いてくる乾坤一擲なのです。ビートたけしさんも太田ひかるさんも見ていて楽しいですね。でもそれは、天才というような言葉でくくる次元の輩ではありません。ただ器用なだけなのですが、それを評して天才、、、???

先日、「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」を見てきました。ジョージ・ルーカスは人智を超えた力に憧れてそれをフォースと名付けましたが、しかしこのシリーズでそのフォースの深い世界が表現されたことは皆無なのです。それは憧れとしての人智を超えた力であってそれが何なのかを探す旅としての「スター・ウォーズ」の世界は完全に破綻している。大人のファンタジーに誰もそこまでは求めていないのですからそれも詮無いこと。ただのエンターテイメントですが、底が浅いとしてもそれは最優秀な物語なのです。しかし、石破茂さんのあの発言には、それとは別の浅知恵としての天才が思考の中心にデンとあることが政治家として問題だと思うのです。

さて、今年も晴れたのか曇ったのか?来年は晴れるのか曇るのか?パン屋のブログはあくまで軽く、まるで羽毛のように、、、

今年も一年お世話になりました。音楽好きの私のブログの最後を飾るこんな三曲をドーッとお聞きくださいな。







ありがとうございました。来たる来年は一月十三日(土)オープンいたします。
来年もよろしくお願いいたします。


ようこそパン・オ・ヌフの未来の扉へ


posted by dady at 11:33| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月22日

今年最後の営業になってしまいました。

一年の経つのは早いものです。
クリスマスを前にして、パン屋さんはシュトレン作りで忙しいことでしょうが、私たちもご多分にもれず。
今日は一日最後のご予約をいただいた皆様の分を焼いてシュトレンもおしまいです。先週ご用意しておいたシュトレンが全部売り切れてしまい、慌ててご予約分を仕込んで無事本日焼くことができました。
ありがとうございます。お店にも、明日、ちょっぴりお目見えできるかもしれません。

若いお父さんお母さんは子供のクリスマスプレゼントに今夜は眠れないでしょうね。眠れないなのは子供だけじゃない。
さて、クリスマス。聖夜を迎えてこんな歌で締めくくりましょう。
ギリシャの歌姫、ハリス・アレクシーウの「祈りをこめて」。

バブル華やかなりし頃、なぜか日本でも脚光を浴びたハリス・アレクシーウ。この頃来日してライブを披露してくれたのですが、今はどうしているのやら。「マギサ」という素晴らしく妖艶な歌がありましたが、今夜はこの歌、「祈りをこめて」で、きよしこの夜。
明日はお天気にも恵まれそうな旗日の23日。私たちも力一杯頑張ります。



ようこそパン・オ・ヌフの祈りの世界へ



posted by dady at 21:16| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月15日

師走に思う今年やり残したこと

今年も一年ありがとうございました。
とは言え、中途半端な営業で、むしろご迷惑をおかけしましたが正解かもしれません。「当てにならない」。これは食べ物屋さんとしては失格です。土曜営業と謳いながらも雨の日はお休みをいただきますというこの横着さ。恐縮です。

さて、そんな師走の16日。お空の模様は怪しいのですが、ヌフは予定通り営業致します。「クリスマス・シュトレン」もご用意して皆様のお越しをお待ちしております。

xmas1.JPG

xmas2JPG

本年の営業は残すところ16日と23日の二日間のみとなりました。今年最後の営業日、23日はお天気が悪くても営業いたします。23日のパン・ド・ミはご予約いただければ何斤でもご用意いたします。年末年始の食卓にヌフのパン・ド・ミをよろこんでいただけるのなら、私たちもこれは本望。腕によりをかけて頑張らなくっちゃ。ちゃ!
年明けは予定では1月13日の土曜日からの営業となります。良いお年を!

で、この一年。長い休み明けの春五月から営業を再開して、再開したとおもったら七月には夏休み入りで再々オープンが11月。これはもう失礼の返り討ち。それでも私たちのパンを🍞首を長くしてお待ち頂いた皆さまにはなんといって感謝の思いを伝えれば良いのでしょう。ありきたりで恐縮ですが、ありがとうございました。来年も今以上に美味しいパンをお作りして皆さまのお越しをお待ちしております。

今朝も冷たい朝。今年の冬は厳しいのかな?そんな厳しい師走の朝に、私たちの貴乃花親方は苦しい戦いを強いられています。平成も終わろうとするこの時代、私たちの大横綱は貴乃花しかいません。思えばもうすでに二十年以上前になりますが、あの貴乃花初めての優勝パレードに中野坂上で出くわしたのは懐かしい思い出です。
がんばれ貴乃花。と、心の底から思います。がんばれがんばれ👍
そうだ、私たちもがんばらなくっちゃ!


ようこそ徳俵に足がかかったパン・オ・ヌフヘ




posted by dady at 09:42| 神奈川 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月04日

絶対に美味しいクリスマス🎄シュトレン。、、たぶん?(笑)

( 笑。)
ヌフの数ある欠点のひとつに「自画自賛」というやつがあります。(笑)
そう、笑ってください。これっばっかりは持って生まれた性分ってやつで、バカは死んでも治らない。
最近ダイエットをやっているのは以前もこのブログでご報告したのですが、ハイ、続いております。そのお陰で先日ウォーミングアップで焼いたクリスマス🎄シュトレンも親戚や子供たちに配ってわが家の分は無し。食べない!いや、待てよ。それじゃあ味がわからない。ってなわけでちっちゃいシュトレンを作ってわが家のおくればせ、シュトレンです。奥にあるちっちゃいやつがそれです。
試食しました。乞うご期待!

DSCN3706.jpg

DSCN3746.jpg

販売用のシュトレンは、もちろん手前のでっかいやつ、500g です。

さあこのクリスマス🎄シュトレンですが、自分で言うのも角が立つ。そんなとびっきりのシュトレンはヌフの独断場。で、なにが違うの?
バゲットもカンパーニュもなにが違うのか、これはむずかしい。最近、おなかの中がピュアなので(笑)一口食べるとドスンとくる。味に関してとっても敏感なのです。で、このヌフのバゲットもカンパーニュ・べべもまずはひとくちご賞味あれ。食べるとこれが信じられないくらいに美味い😋。バゲットの皮はあくまで固くカリッと、中身はクラムがしっかり入っていて歯茎に応えるその硬質な味わいと言えば良いのか?どうでしょうか?口に出すと難しいですね。

DSCN3749.JPG

先日の営業日、べべの最後の一個がホールで売れるのを見るのは本当にありがたいですね。
べべの味わいはまたバゲットとは違って生地は固く柔らかく歯応えがある。(、、、ってどんな歯応えなの?)
バゲットは朝でも昼でも夕食でも。べべはやっぱり夜のメインにどっしりと食卓を飾るのが正解です。食べがいはあります。600g。(1日で食べるのはまず無理でしょうから、残りはラップに包んで冷凍庫へ。)ワインで捏ねあげた準強力粉、全粒粉、ライ麦の微妙な按配がうっすらとしたワインカラーに染め上げられて、くるみ、クランベリーの香りが匂い立つ。あをによし 奈良の都は 咲く花の にほうがごとく 今盛りなり。
そんな「べべ」をあなたにも、チェルシー。

DSCN186.jpg

シュトレンは次の営業日、12/16 (土)にはお目見えです。お待たせしました。愛のシュトレンをクリスマスに。
昨夜はスーパームーンでしたね。えっ?今夜?
さて、そんな師走の夜にはこんな愛の歌を。




ようこそ師走の愛のお店、パン・オ・ヌフへ。


posted by dady at 07:44| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月01日

緞帳はあがったけれど

さてもう十二月。師走の街に木枯らしが吹き荒び、なんだか慌ただしい様子も暮れの風景。
昨日はシェフがお店でシュトレンの試し焼き。去年とは微妙に製法が違うので、うまくいくのかどうかと試してみたのですが、これがなかなか難しいもんですね。本人は気に入らない様子。いよいよ来週はお店に出す商品を焼かなくてはなりません。去年の製法で作るか、それとも、、、?嗚呼、悩ましいけど、もう後はない。

と、思案の三丁目で佇むパン・オ・ヌフ。そんなヌフのクリスマス・シュトレン。只今、ご予約受付中です。お渡しできるのはまずは来週の土曜日、九日の営業日となります。
第2弾はその翌週の土曜日、十六日で、最終はクリスマス前の🎄二十三日、土曜日です。余ったら、二十四日も、な〜んて甘いことを考えたりして。(笑)
しかししかし、年内の営業は二十三日で終了となります。

師走の慌ただしさに私たちもちょっぴり浮き足立って、さて、もういくつ寝るとお正月🎍。
良いお年を〜〜ってチョット早いですね。

いろいろな事件はあったけれど、北朝鮮問題はどうなるの?相撲協会はどうするの?安室奈美恵はどうなるの?築地の移転は予定通りなの?憲法改正って、ホント?ヌフのシュトレン、製法はどうなるの?だけどだけどだけど。どんちょは上がったままで終わりは見えない。解決能力の欠如がこのご時世の特徴なのかもしれません。
しかし。
明日の土曜日、午前十時、開店です。


ようこそパン・オ・ヌフの世界へ


posted by dady at 10:18| 神奈川 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月24日

明日は快晴!

なんと11週間ぶりの土日の晴れ、だそうです。
パンの美味しい季節になんてこった!
しかし、明日の朝は寒そうですね。トホホ。寒いのが何が困るかといって、パン生地の発酵に時間がかかることなんです。しかもその発酵も微妙なんですね。遅れ気味になるとさらに判断を間違えて、十分な発酵を待たずに取り出してしまう。焼きあがるとどこか違う、微妙に違う、トホホ。(これで2回目)
厨房を暖かくしてもこれが難しいのです。さあ、明日はどうかしら?

おっと。もちろん皆様ご心配なく。ん?まずい展開?
大丈夫です。私たちのシェフは百戦錬磨のブーランジェ。厨房の中でとっておきのスリップ・ピールを振り回して、うん、なんだか着物の裾を振りかざして心はすでに薙刀か?違うって、パンをのっけるんだって。だから言ったでしょ。えいっ!なんて気合い入れてピールでパンを切らないでッ。


ようこそトホホのパンの世界へ


posted by dady at 20:37| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月19日

こんどこそ

ひさしぶりに今週一週間の天気予報、次の土曜日(25日)は「晴れときどき、、、」なんだかブログのタイトルを彷彿させて、これは期待が持てるでしょう!
23日の木曜日は旗日ですがこれが「曇りのち雨☔️」、当たるも八卦当たらぬも八卦、と、そうは言っても内心気になるものです。
前回の営業日にお久しぶり、なんとあのシャンピニオンを作ったのですが、残ったら食べようと期待半分?でしたが残らなかった、、、。これは、これは、残念でした。あのちょっぴり酸っぱいオリーブの実が口の中で弾けるのが、とっても大好き。

DSCN39.jpg

DSCN42.jpg

おっと、そうだ。フリュイも作ったんだ。(笑)忘れるところでした。シュトレンのためにいろいろとドライフルーツを買ったので、フリュイが堂々お目見えしました。一本試食をしてみたけれど、美味い。わたしはこれも大好きです。❤️

DSCN191.jpg

そうだ今度はあれを作ろうよ、と調子にのって提案するとシェフに鋭い目で睨まれます。うん、作りたいパンはいっぱいあるけれど、でもガマン。そうなんです。副菜から何から揃えだすともうエンドレス。大変なのはわかっているのでわたしもじっと我慢の子。(泣)

先日やっとあの憧れのスリップピールを作りました。どこかに売っていないのかと時々探してはいたのですが見つからなかったんですね。聞かないでくださいね、今まではどうやっていたの?なんてぶしつけな質問は。バゲット生地をオーブンに放り込む方法は、いくらでもあるさ。(笑)^_^^_^

DSCN3349.jpg

しかし、このピールを手作りで作ろうっていうのはさすがにパン・オ・ヌフならではのアイデアです。で、心配だったのはこのピールを使って上手くオーブンに投げ込めるのか?生地が上手く滑り落ちてくれるだろうか?生地を載せる平面の板はツルッと滑って大分県?ホント?生地がひっくり返ったらもう出せないわよ。四本、上手くいって五本までは載せられるけど、次の五本をすばやくスタンバイさせて、オーブンの庫内温度が下がらないうちにすぐに次を載せられる?うわ、もう心配。心配で心配でシェフはソワソワそわそわ👨‍🍳。ええいままよ!
しかあし。案ずるより産むが易し。無事着地っ屁。バンザーイ。
ってそんなドラマをかかえたパン・オ・ヌフ。クワバラクワバラ。

次回営業は25日の土曜日です。


ようこそパン・オ・ヌフのの世界へ




posted by dady at 16:36| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月16日

18日土曜日はお休みをいただきます

誠に残念ですが、18日土曜日はお休みをいただきます。
毎日天気予報とにらめっこでしたが、どうやら晴天は望むべくもなく、涙を呑んで(雨も飲み込みたい。)休業させていただきます。お天道様には勝てないパン・オ・ヌフですが、調子も上向き、リズムも乗ってきたところでの休業、勝手な営業で申しわけありません。
また一週間お待たせすることになりますが、次週、25日の土曜日は快晴を念じて今しばらくお待ちくださいませ。

しかし近頃思うのは、先の戦争が終わって70年。戦後はとっくに終わってはや戦前かと見まごうばかりの昨今のこのご時世。あの強大な権勢を誇ったアメリカ、豊かな生活を誇ったアメリカはすでに見る影もなく、あの貧しかった中国が我がもの顔に世界を席巻し、道徳も価値観も、信じるものも護るべき矜持も消え失せて、わたしたちが信じた価値はすっかり転倒してしまったけれど、しかし、まだ愛がある。(恥ずかしながら、、、)
そう思いながら自らを鼓舞して生きるしかありません。

ジプシー・キングスの唄に Camino 「道」という唄があります。ぼくの道。夏の道、世界を渡り歩く、その時ぼくは放浪者、世界を巡り歩く放浪者。



若い頃、マニタス・デ・プラタのフラメンコに入れ込んだ時期がありました。実はジプシーキングスのメンバーたちは皆このマニタスの甥っ子やマニタスの相棒の子供たちが中心になってグループを結成したという若い世代なのですが、この歌声も、このギターの調べもまさにマニタス一党の奏でる南仏の独特の(ほんとうは明るい)フラメンコそのものなのです。初めて聞いたときは、ええ?このギターはイポルテ・バリアルド?この唄声はマネーロ?

信じるものはわたしたちの道。信じられる道を探し歩いて。パン作りもまた一本の長い道。

ピカソが愛したマニタスのフラメンコもお聞きください。「ムーア風のギター」。




ようこそパン・オ・ヌフの世界へ



posted by dady at 22:42| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月12日

危険がいっぱい

おかげさまで11日の営業はミニヨンリモンをひとつ残して完売。ありがとうございました。😊
先週も一週間の天気予報ではなぜか土曜日だけは曇りのち雨☔️。うわあ、こんな時は直前まで営業できるかどうか決められない。酵母の仕込みは遅くとも木曜日がタイムリミット。金曜日は事前の生地の仕込みで長時間発酵。なかなかスカッといかないもので、ところが今週の長期予報もなぜだか土曜日だけ曇りのち雨☂️。

ままよ。
さて、そこで今日のお知らせは📢、やってきましたクリスマス・シュトレンの季節が。ご予約をお受けいたします。具材をワインやラム酒に事前に1ヶ月は最低でも漬け込みます。色々と揃えなければならないドライフルーツがあり、数に限りはございますが、頑張ります。次回営業日からお受付いたします。お渡しできるのは12月の前半かしら?恥ずかしながら、1個、2000円です。お受取日はクリスマス前までのヌフの営業日となります。おいくつでもどうぞ。

DSCN151.jpg

メールでのお申し込みは、下記アドレスへどうぞ。お名前、お電話番号を明記の上、個数をお知らせください。
painauneuf@gmail.com
ファックスは、
fax. 046-874-9732 まで。

何てったってクリスマス🎄。幾つになっても私たちにはこれっきゃない。昔はクリスマスといえば炬燵に入ってみんなでバターをたっぷり塗ったクリスマスケーキの満艦飾を幸せをかみしめながらケーキカット。時代が少し経つとそのケーキもこんどはアイスケーキが大流行り🎂。いやあ美味かった。衝撃的な美味しさで、いまのように家の中が暖房でぽっかぽかというわけではありませんのでアイスケーキが程よく溶けずにいてくれて、goo。町中のいたるところでクリスマスケーキ即売でした。たしかあの頃は、注文するとクリスマスイブに届けてくれたんですね。ケーキも良かったが景気も良かった。ナ〜んちゃって。笑
結婚した最初の頃、うっかりクリスマスケーキを買いそびれて、イブの当夜、ふたりで永福町の暗い町並みを駆けずり回ってケーキを探したときの思い出は忘れられません。結局あのときは首尾よく買えたのかどうか、ふたりとも町を走りまわった思い出だけは忘れないのですが、はたして買えたのかどうか?覚えてない。

子供達が小さい頃はいつも家内が手づくりで、その頃から家内のケーキ作りは絶品でした。パン作りの下地は思えばこの永いケーキ作りの果ての産物だったのかしら?

今年のわたしたちは複雑です。ケーキの前に立ちはだかるダイエットの高い高い壁。う〜む。トホホ。
今年の課題はクリスマスをどうやり過ごすかにかかってきました。もうイチド、とほほ。

年が経ち、わたしのお腹はちょっぴり出張ってきたけれど、変わらずにふたりの心をつなぐあの歌があれば、ほかには何もいらない。そう、ケーキだってね?


ようこそヌフのクリスマスシュトレンの世界へ


posted by dady at 19:51| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月10日

1111はヌフの日

明日はお天気も心配なさそうで良かったです。
一が四つのゾロ目の明日はヌフが一番と勝手に決めて、明日午前10時、開店です。
来てね。

明日は早いので今夜はもう寝なくっちゃ!でも、眠れない。ふは〜い。
そこでブログの続きを。最近気になる幾つかを。まずは体重から、個人的な体験です。去年から体重が増えて、これが理由がよくわからない。だいたい暴飲暴食でもないのですが、ただ疲れるとついつい夜食が欲しくなる。寝る前に食べることに無頓着で、気の向くままあればなんでもつい食べる。食べる、食べる。
ついにはズボンが入らなくなる。写真を見るとお腹がぽっちゃり👀、どう見てもおっさん然として(じじつ、おっさんではあるのですが)此れが無残。無残の美というものがあるのですが、この場合は「美学」は抜き。美学のない体重は見窄らしい。しかし、改善しない。その無残に鈍感で、いつしか気にならなくなる。そして食べる。嗚呼、写真なんか撮らないで。被写体になりたくない。
そしてある日。人生に無頓着ではこの先お先真っ暗。そのことにはたと気がつき、これはいかん。よしっ!

そう。ダイエット。さて、ある日突然気がついたおっさんは、夜食はヤメ。おやつはダメ🙅‍♂️。三食はしっかり摂る。しかし、それ以外はやめる。止める、止める。
さてそこから暇があれば体重計に乗って、オノが体重に神経を向ける。体重に体重に体重。食後はやはり800gくらいは増える。便通だけは自慢できたのですが近頃はこれがあまり出てこない。弱ったなあ〜。朝起きるとまず体重計。朝一番がいちばん痩せているのでここが基準です。

そして。あれから2ヶ月。確実に減ってきましたね。約2キロ。2キロは減った。いえいえ、2キロと侮るなかれ。ダイエットは長い道のり。ロングアンドワインディングロード。200g300gの闘い。焦らずゆっくり、しかし確実に。
ん?心なしか顔がすっきりしてきたぞ。ヌフフ。
おかげさまで今はもうおやつはまったく欲しくありません。せいぜいナッツ類を三つ四つでこれが満足なんですね。さあ、もうおっさんは卒業だっ!お腹だって、ウー。もうちょっとかな。

さてみなさん、ダイエットは怖くない。怖いのは、無頓着。おっ、?体重体重。笑笑。







posted by dady at 19:44| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする