2018年05月11日

今さらながらの黄金週間

あっという間のゴールデンウィーク。終わればまるでなにごともなかったかのごとく、GW明けの嵐も過ぎ去って今日はおだやかな、薫風かおる五月。佳き一日かな。あっ惚れっ❣️

しかし今年のGW、可もなく不可もなく。てっきりあっという間に完売か?と思ったら然に非ず。売れない、来ない、捌けない。無い無い尽くしで何にもない。(笑笑。)まあ、なんとか五時まで頑張ってようやく完売とは、当店の人気のなさに愕然。いつもの営業とは違ってご近所さんはGWを敬遠されて、あらららら。
さて明日からはいつもの営業。この「いつもの」が大事なんですね。よくわかりました。大事にしたい、君とルーティン。

アメリカと北朝鮮の鍔迫り合いも🇰🇵いよいよ大詰めですね。トランプさんという方は、女にだらしがなくて下半身のスキャンダルばかりが世間を騒がせますが、北朝鮮とのやりとりもまるで戦争間近のような雰囲気を盛り上げて意外と落としどころをしっかり考えている。もちろんまだ何があるかわかりませんが、これまでのトランプさんを見ているとこれはひょっとしてひょっとした大統領なのではなかろうかと、思いますね。女ったらしと思われていますが、家族や娘さんや奥さんを大事にしている。シェフがいつだったかしみじみとした口調で言ってましたが、あの人は愛情深いと思う。と。
何より自国民を大事にして、拉致されたアメリカ人を必死になって取り返している。オバマがそんなことをしたでしょうか?横田めぐみさんをはじめとした拉致された日本人の奪還もトランプさん頼みというのはちょっと悲しいけれど😢、しかしご家族の皆さんは祈るような気持ちでしょう。帰ってくることを祈りましょう。祈りをこめて。

うん、黄金週間。黄金バット。

しろがねも 黄金 (くがね ) も玉もなにせむに まされるたから子にしかめやも

今日は久しぶりにこんな歌を。
子供のころ、姉のレコード盤を擦り切れるほど聴いて、ついにこれでフランス語を学んだ少年「ぼく」。シェフは日仏学院でフランス語を勉強したので、わたしがクルマの中🚗やなんかでこの歌を口ずさむと大笑いするんですね。わたしが子供心に聞こえたまんまで覚えこんだシルヴィー訛りのフランス語を。
ウルトラマンのバルタン星人の名前にもなった本家、アイドルを探せ。

「ラキバリポワネドシー」

あの頃に戻りたい。



そのシルヴィーが来るんですね。最後の来日公演だそうです。東京公演は6/1 オーチャードホールで。まさに「シルヴィーがやって来る イェ!イェ!イェ!」 観たい!!!




ようこそ、少年「ぼく」のパン・オ・ヌフの世界へ




posted by dady at 17:26| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月24日

GWの営業は、まず28日、29日の土日から。

早いもので、GWはもうすぐそばまで。ま、そうはいっても残念ながらすでにGWに心ときめく年齢はとっくに過ぎてしまいましたが、それでもなぜかこの時期になるとアンテナがピクピクするもので、さてそんな私たちパン・オ・ヌフですが、毎週土曜日のみの営業が今週のGWは頑張って28、29の両日を営業といたします。覗いて見てくださいね。

先週はカンパーニュの生地の余りでこんなパンを作って見ました。

fruitNOUVEAU2.jpg

これは美味い。(ハイハイ)久しぶりに出ました。笑
フルーツが三種類。延ばした生地にクリームチーズをべっとりと塗ってさてその三種類が秀逸でした。自分たちで食べようと作ったのですが、これはむしろ「フリュイ」の新しいヴァージョンとして売り出したらどうかしら?
現在のフリュイはそれこそドライフルーツが四種類も入っているのですが、この新しい「ヌーボ・フリュイ」は三種類にクリームチーズです。この取り合わせがとってもグー。その三種類とは何となに?「ヌーボ・フリュイ」か「フリュイ・ヌーボ」か?今度の土日、店頭にてお目見えします、乞うご期待。

fruitNOUVEAU.jpg

さて先週の予告編につづいて今週はついに本編の登場です。あまり期待はなさらずに、、、えっ?期待はしてない???

そう、バゲットに新しい機械?を導入して、圧倒的なオートメーション化を一気に計るパン・オ・ヌフ〜ですが、取り敢えず、その問題のプレスをかけて見ました。ゴメンなさい。
はいこちらがその油圧式のプレスです。う〜ん、油圧式?というよりも、おしくらまんじゅう式?といったほうが正解かしら?

machine head1.JPG

ここまではプロローグですが、さて、ここから時代は新しくなりました。

machine head2.JPG

生地にシートを被せます。後ろに新しく導入したプレスが見えるかしら?

machine head.JPG

つまり、こんな風にプレスをかけるのですね。えっへん。

machine head3.JPG

こうして奇跡的に均一に延ばされたバゲット生地を自動で裁断するわけですが、自動というのはちょっと当たらないような、当たっているような、、、とほほ。

machine head4.JPG

パンは難しい。

machine3.jpg

しかしこのマシーン導入以前と以後では明らかにバゲットの安定が目に見えて違う。本当を言うと、ウ〜ん、ってほど違うわけではないのですが、まあ確かに分割にかかる時間の短縮は効果抜群です。もうひとつはクープの入りが美しくなりました。開きの悪いクープというのがなくなりましたね。いやはや、バゲットは難しい。

machine4.jpg









posted by dady at 18:59| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月18日

女は乗せない 戦闘機

昨日はまた震え上がる寒さ。今日も朝からまるで氷雨のような雨模様、午後になるとスカッと晴れ上がってこれで週末は初夏の陽気だとか?信じられません。
信じられないことはいろいろありますが、はるか昔の太平洋戦争。「軍隊小唄」という歌がありました。

 腰の軍刀に すがりつき
 連れてゆきゃんせ どこまでも
 連れてゆくのは やすけれど
 女は乗せない 戦闘機

当時の世相を私はもちろん知りません。いえ、本当です。ほんとうに、知りません。(笑)
ただ、子供の頃に何かで読んだかした記憶はありますね。まだあちこちに戦争の傷跡が残っていた時代なのです。
最近読んだあの神風特攻隊にまつわるルポを読んでいたら、いや、涙なしでは読めませんでした。

さて、昨今の財務事務次官の女性記者へのセクハラ疑惑、新潟県知事の不適正交際での辞任劇。愚かな、まるでおバカの見本ではあるけれども人間社会に必須の悲喜劇を見るにつけ、本来の理由は判りませんが、土俵を神聖視してあえて女人禁制とした相撲取りの先見の明を私は褒めてあげても良いのではないかと、しつこいかもしれませんがそう思います。男はやっぱり、バカなんです。(泣)

リュスティック.JPG





私バカよね、おバカさんなパン・オ・ヌフ



posted by dady at 20:42| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする