2018年04月18日

女は乗せない 戦闘機

昨日はまた震え上がる寒さ。今日も朝からまるで氷雨のような雨模様、午後になるとスカッと晴れ上がってこれで週末は初夏の陽気だとか?信じられません。
信じられないことはいろいろありますが、はるか昔の太平洋戦争。「軍隊小唄」という歌がありました。

 腰の軍刀に すがりつき
 連れてゆきゃんせ どこまでも
 連れてゆくのは やすけれど
 女は乗せない 戦闘機

当時の世相を私はもちろん知りません。いえ、本当です。ほんとうに、知りません。(笑)
ただ、子供の頃に何かで読んだかした記憶はありますね。まだあちこちに戦争の傷跡が残っていた時代なのです。
最近読んだあの神風特攻隊にまつわるルポを読んでいたら、いや、涙なしでは読めませんでした。

さて、昨今の財務事務次官の女性記者へのセクハラ疑惑、新潟県知事の不適正交際での辞任劇。愚かな、まるでおバカの見本ではあるけれども人間社会に必須の悲喜劇を見るにつけ、本来の理由は判りませんが、土俵を神聖視してあえて女人禁制とした相撲取りの先見の明を私は褒めてあげても良いのではないかと、しつこいかもしれませんがそう思います。男はやっぱり、バカなんです。(泣)

リュスティック.JPG





私バカよね、おバカさんなパン・オ・ヌフ



posted by dady at 20:42| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月15日

愛の讃歌

パン・オ・ヌフもおかげさまで着々とオートメーション化が進み、?今や厨房はほぼ機械仕掛けのオレンジ🍊。
クサビを切ったバゲットの自動分割機はその後も快調で美しいバゲットつくりの隠れた主役。しかし、?問題も散見されるもので、悩ましいのはこの機械化による人間性のはく奪。(笑)私たちもまるで機械のようにカチカチカチカチ、その動きはまるでマイケル・ジャクソンかR2-D2。「ビいレッー!」beat it! いやあうるさいうるさい。
足音はかつかつカツカツ、手を動かすのもほとんどパントマイム、動く姿はムーン・ウォーク。流しにいたかと思うと気がついたら後ろ歩きにオーブンの前に。あゝここはどこ?わたしはだれ?どうしてここにバゲット?
( 忘れっぽいわたしたちの厨房はいつもこんな調子で笑いだけは絶えないのですが、、、 )

しかし、日進月歩のパン・オ・ヌフはここで新たに問題を解決すべく、分割機のモルダーにプレスを導入することにしました。これまではモルダーに落とし込んだ生地を油圧で均していたのですが、いえ、まあ、油圧といっても脂汗をかきながらただ手のひらで押していただけ、と言えばそうも言えますが、これだけではどうしても不均衡だということで新たに油圧コンプレッサー式のプレスを導入して天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず。下界はあまねく平等の生地。250グラムは何人たりとも通さんぞ。この心意気が大事です。

さて、その油圧式コンプレッサー式プレスとはそは何者ぞ?雛形はできたのですが(かんたんかんたんなんでもできる。わたしたちはぁ?かんたんシスターズぅ〜!)これからメーカーに見積もりを出させて正式発注はシェフの決済を仰いでからとなりますが、今週半ばには完成品が当工房に搬入されることになりそうです。ブログにお目見えするのは来週かな?(24日のバゲットをお見逃しなくっ)

今日はまた季節外れの春の嵐。1日ずれて助かりましたが、この嵐を抜けるといよいよGW本番です。
ようこそマシーンへ。






ようこそパン・オ・ヌフの世界へ



posted by dady at 08:29| 神奈川 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月06日

土俵は誰のもの?

まさに泣きっ面に蜂。
相撲協会は天中殺。なんで今土俵で市長が倒れるんだ?なんでそこに女医が居たんだ?なぜ?なぜ?

 ワシントン・ポスト紙(電子版)は、「行司が女性たちに土俵から下りるよう指示したのは、相撲では女性が儀式上、不浄と見なされているからだ」と指摘。

だそうです。

 ウォールストリート・ジャーナル紙(同)は相撲の問題に加え、「歌舞伎でも演者は男性に限られている」とし、今回の問題を機に、日本の伝統文化で女性が不公平に扱われていることが、日本での広範にわたる男女の不平等の象徴として注目を集めていると報じた。

だそうです。そのうち、男系天皇を唯一の天皇とする万世一系は女性差別と詰られそうです。

 春巡業の宝塚場所で、同市の中川智子市長が地元市長としてのあいさつの際、土俵に上がることを要望したが認められなかった。中川市長は土俵の下であいさつし、「女性という理由でできないのは悔しいし、つらい。伝統を守りつつ、変えるべきは変える、変革の勇気も大事なのではないですか」と呼びかけた。

だそうです。
う〜ん。たまりませんね。男と女が違うのは悪いことじゃない。それどころか、素晴らしいことだと思うのです。考えてもみてください。もし男も女も同じだったらこんな味気ない世界はないでしょう。男性には男性の素晴らしさがあるし、女性には女性の素晴らしさがある。女性の相撲を見たいと思いますか?昔はありましたね、キワモノとしての女相撲が。ではあなたは女相撲を見たいですか?

相撲には相撲の寄って立つ歴史があります。遠慮なく言えば、相撲は見世物です。そしてそこには、見世物としての悲哀があった。蔑まれ、河原者と罵倒され、地べたに這いつくばって時には理不尽な、凄惨なかわいがりがあり、これでしか食べていけない男の世界があるのです。土俵に女を上げないのは、上げたら最後血しぶきが飛ぶ、男はバカなんです。バカがバカなりに考え出した鉄則が、女を土俵に上げないという不文律であって、それは差別でもなんでもない。それどころか、差別された男たちがその差別の中で生き残るために女を土俵に上げないのです。
昔の相撲取りは堅気の女と一緒にはなれなかった。

陶芸家の加藤唐九郎が窯場に女を入れないのは、「男はスケベェだから女が窯場に入ると気が散って集中できないんだ」とおっしゃっていた記事を、むかし何かで読んだ記憶があります。
男には男の、女には女の習性があります。プロ野球のキャンプ地で、女子アナがひらひらと飛び回って選手にインタビューしてまわる図を見ると、男もバカだが女もバカだな、と思います。しかし、それが人間社会なのです。そして、そんな人間社会の中で、男がとびっきりの仕事をしたいと思ったら、どこかで女を拒絶しなければならないのです。
相撲も歌舞伎も女性差別でどこが悪い。歌舞伎役者も相撲取りもどっちも河原者なのです。出はいっしょ。
ワシントンポストもウォールストリートも、白人社会ほど女性差別の激しい社会はないでしょう。女性差別に限りませんが、差別が根っこの犯罪件数を比べてみてごらんなさい。あんたたちに言われる筋合いはない、となんだか一人コブシを突き上げる私は十分に人種差別主義者なのかもしれませんね。

明日は、土曜日、営業します。


ようこそパン・オ・ヌフの平等な窯場の男女の世界へ




posted by dady at 18:51| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする