2018年06月21日

23日はお休みです。

梅雨空の肌寒い日がつづく毎日、みなさま、いかがお過ごしでしょうか?
〜〜大きなお世話と叱られそうな不愛想な書き出しで失礼しました。
こんな時はなにかあるぞ?と思われた皆様、そうなんです。今度の土曜日は恐縮ですが、お休みをいただくことになります。申し訳ございません。

雨の日マークの土曜日はお休みをいただくヌフですが、今週は雨にかかわらずお休みをいただくことになります。ご容赦下さい。次週の営業は30日、頑張ります。(心して)

そういえば今度の日曜日はラベンダー祭り。ヌフのお店の目の前で繰り広げられる賑やかな花の祭典。
この日のために一年間、来る日も来る日もせっせと草を取る黒子に徹する方がおられます。夏の暑い日にも早朝から黙々と草を取る。私たちも朝は特別早いのですが、空が白み始めるとかならず向かいのラベンダー畑でせっせと働くその方はほとんど毎日の如くラベンダー畑の世話をやく。私たちは厨房の小さい窓から時折その方を見やりながら、まるでその方といっしょに併走するようにパン作りに励んでいるのです。
まさに、ラベンダー畑は一日にして成らず。しかし、それもたったの一日で、そうしてあっという間に刈り取られてしまうラベンダーの花。花咲く💐娘たちは、あゝ、いま何処。

じつは、そのラベンダー畑を守る方のたぶんお母様ではないかと思われるおばあちゃまがいらっしゃるのです。少し足がお悪いのですが、時々ご無理をされて頻繁に行き交う車の途切れたときにご不自由なお体で道路を渡ってヌフのパンを買いにきてくれるのです。
「いつもなかなか渡れなくてゴメンね」っと仰言ってくれるのですが、こちらこそそのお気遣いがありがたく、パンを包む時も心のなかで最敬礼。本当にありがたいことだと思います。二、三年前になりますが、そのおばあちゃまが摘んだラベンダーの花をひと抱え💐、私どもに届けてくれたことがあります。綺麗に包装して、これ、あげようと思って、と、ご不自由なお身体で道路を渡ってきてくれて、手渡されたラベンダーの花はひときわ美しかったです。
パンを間において、私たちはなんて恵まれたパン屋なのでしょう。




ようこそ花咲くパン・オ・ヌフの世界へ。でも、こんどの土曜日は、お休みなのです。



posted by dady at 06:35| 神奈川 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月10日

時を翔る

時計よ止まれ。
これはなんだか永遠の憧れですよね。時が止まればあの後悔も取り返せるかもしれない。あの失敗も、あの地団駄も、あのかけがえのない大事な宝物も取り戻せるかもしれない。あの時、時間さえ止められれば、、、。ああ、しかし、時間は無情に流れていく。

失敗談をあげつらえばお釣りどころかどっさりと負債を抱えてしまいそうで、しかしそれが人生。それが人生だと悟るのに数十年。その間、時は止まらない。止まれば人生を悟ることもない。

今日は時の記念日だそうです。私たちの時もチクタクチクタク。

 時間の二十日鼠 君ら美しい日日よ
 君らは少しづつ僕の生命を齧っている
 、、、

アポリネールも時間に止まって欲しかったのでしょう。
私たちのパン作りもまた、時間との勝負。発酵時間やパンの状態を図るのは腹時計。???いえいえ、そんなことはございません(笑)
ブフの厨房には時計が10個。ほんとうに数え切れないほどの時計があります。それぞれのパンの状態を時計で測り、ベンチタイム、最終発酵、焼き時間。みんなすべて時を刻む少女。
その時、時、時。疾きこと風の如し、掠めること火の如し。
時間は基準に過ぎないけれど、その時間を守ることも大切です。なぜなら、それがすべての基準だからです。適当であることは許されない。適当で許されるのはトーシロの世界。そしてそこからさらに踏み込んで、美は乱調にあり。

これはこれは、私たちは試されている。時が私たちの想像力のなかで疾風のように駆け巡っている。私たちは時の僕(しもべ)。

DSCN8263.jpg

「エピ・ザ・ツイスト」の登場です。
ベーコン・エピであることはほとんど王道といってよいのでしょうが、そこはそれ、私たちにはまた独自の道がある。ベーコンにはブラックペッパーとチーズをまぶして仕上げに細かく砕いたクルミの粉を振りまいています。
わたしたちの「エピ」にツイストをかぶせたのはもちろんその形から発想したのですが、この名前、わたしたちのお気に入りなんです。
ツイストといえばチャビー・チェッカー。一発屋のチャビーですが、実はその「ザ・ツイスト」よりも二匹目のドジョウを狙った「レッツ・ツイスト・アゲイン」の方が名曲なんですね。



さて、アポリネールの詩の続きはこうして完結します。

 やがてわたしも二十八歳
 不満な暮しをしているほどに

不満な暮らし、、、そこがミソなんですね、、、。誰しも抱える不満不満、ふ、ま、ん。


ようこそパン・オ・ヌフのチャビーな世界へ



posted by dady at 10:03| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月18日

明日十九日、シェフ👩‍🍳、過労のため、。

大変申し訳ございません。明日の土曜日、待ちに待った営業日ですが、シェフの具合が思わしくなく申し訳有りませんが休業とさせていただきたいと存じます。
一日も早く回復して、次週は元気に復帰いたします。よろしくお願いします。

店主敬白

P.S.
今週はじつは、あのエピの復活を目論んでいたのですが、残念、次週に持ち越しです。

DSCN30.jpg

復活させたいパンは数あれど、このエピとフーガスはその最右翼です。

DSCN28.jpg

菓子パンではパンぺリュヂュも、ああヌフのパンぺリュヂュは絶品でした。

DSCN5.JPG

人気があったという意味ではあとカスクルートがあります。

DSCN2.JPG

これももうほっぺが落っこちるほどの絶品でしたが、(なんでも絶品なんですね。ヌフにかかっては) しかし、考えてみるとどれも結構手間のかかるパンでした。エピもフーガスもパンペルヂュもカスクルートも以前はぜーんぶ作っていたのですから思えばハードな日々でした。
今はもう、出来ない。(笑)

ということで、エピは乞うご期待!そう、あの「エピ・ザ・ツイスト」が再登場です。ジャン!❣️
来週まで、待っててください。神様、お願いします。





posted by dady at 18:12| 神奈川 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする