2018年08月18日

今は昔のR&B

さて音楽好きの「晴れのち曇り、」ですが、これだけはわからないのがヒップホップです。どこがいいのかヒップホップ?
およそジャンルにとらわれず、世界中の音楽に耳を傾けてきたこのわたしにも、唯一わからないのがヒップホップと国産小麦。(笑)
いやしかし、キタノカオリで食パンをこしらえてみて、これはこれで美味しくて、ただちょっと食感にモチモチ感が乏しいのはなぜかしら?逆にそのカサついた味が好きな人には良いのかな、と思えなくもありませんが、しかし、ヌフでこの食パンを提供するとやっぱり、どうでしょう???
ヌフのパン・ド・ミに求められる深い味わいがキタノカオリには希薄なのです。後を引くような味わい深さ。ただ、国産小麦も捨てたもんじゃない、というのは嬉しい誤算でした。パンの粉の選択は難しい。やたらと粉を変えてはお客様に失礼だし、これはもう結婚のようなもので、一緒になった以上は添い遂げるんだという覚悟もまた必要なのです。この嫁で最高のパンを作ってやる🍞。この婿殿と決めた以上地獄の果てまで添い遂げてやる。その意地、その覚悟、その執念。パンもまた出会いなのです。

そんな出会いのむかし話。むかしむかし、あるところに。
初めて聞いた黒人歌手というと私たちの時代ではおそらくレイ・チャールズが最初のような気がします。「ヒット・ザ・ロード・ジャック」。そう、「旅立てジャック」。「ホワッド・アイ・セイ」「アンチェイン・マイ・ハート」💓。サムとデイブの「ホールド・オン」。水割りでうすめた「マイ・ガール」はテンプテーションズ、この歌もなんどもリヴァイバルヒットしたものでした。
そして運命のオーティス・レディング、「ドッグ・オブ・ザ・ベイ」はオーティスがあの不幸な飛行機事故で亡くなった直後の遺作となった大ヒット曲。おそらくこの日本で、歌は世につれ世は歌につれのレベルで大ヒットした最初で最後のリズム・アンド・ブルースがこの「ドッグ・オブ・ザ・ベイ」ではなかろうか、と思います。
「リーチアウト・アイル・ビー・ゼア」は誰でしたっけ?ってもちろんフォー・トップスです。 そしてそして忘れてはならないシュープリームスのあまたのヒット曲。でも、ニッポンでヒットしたのは残念ながら「ラヴ・チャイルド」くらいかな。
そんな時代の黒人歌手に一見地味なアレサ・フランクリンがいたのです。「小さな願い」はほんとうにアレサの小さな大ヒットでしたね。
今日、アレサ・フランクリンが亡くなったと聞いて、ああ、ほんとうに彼女は偉大な歌手だったんだなあとあらためてしみじみ思います。

そんな彼女を偲んで、思い出の「小さな願い」。えっ?四つのお願い?それはちあきなおみ。ちあきなおみもまた素晴らしいですね。



アレサ・フランクリンの偉大さを示すこんなヴィデオ。ジャンピン・ジャック・フラッシュはレオン・ラッセルとアレサ・フランクリンで決まりなんですね。




小さな願いのパン・オ・ヌフ。




posted by dady at 21:43| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: