2018年05月11日

今さらながらの黄金週間

あっという間のゴールデンウィーク。終わればまるでなにごともなかったかのごとく、GW明けの嵐も過ぎ去って今日はおだやかな、薫風かおる五月。佳き一日かな。あっ惚れっ❣️

しかし今年のGW、可もなく不可もなく。てっきりあっという間に完売か?と思ったら然に非ず。売れない、来ない、捌けない。無い無い尽くしで何にもない。(笑笑。)まあ、なんとか五時まで頑張ってようやく完売とは、当店の人気のなさに愕然。いつもの営業とは違ってご近所さんはGWを敬遠されて、あらららら。
さて明日からはいつもの営業。この「いつもの」が大事なんですね。よくわかりました。大事にしたい、君とルーティン。

アメリカと北朝鮮の鍔迫り合いも🇰🇵いよいよ大詰めですね。トランプさんという方は、女にだらしがなくて下半身のスキャンダルばかりが世間を騒がせますが、北朝鮮とのやりとりもまるで戦争間近のような雰囲気を盛り上げて意外と落としどころをしっかり考えている。もちろんまだ何があるかわかりませんが、これまでのトランプさんを見ているとこれはひょっとしてひょっとした大統領なのではなかろうかと、思いますね。女ったらしと思われていますが、家族や娘さんや奥さんを大事にしている。シェフがいつだったかしみじみとした口調で言ってましたが、あの人は愛情深いと思う。と。
何より自国民を大事にして、拉致されたアメリカ人を必死になって取り返している。オバマがそんなことをしたでしょうか?横田めぐみさんをはじめとした拉致された日本人の奪還もトランプさん頼みというのはちょっと悲しいけれど😢、しかしご家族の皆さんは祈るような気持ちでしょう。帰ってくることを祈りましょう。祈りをこめて。

うん、黄金週間。黄金バット。

しろがねも 黄金 (くがね ) も玉もなにせむに まされるたから子にしかめやも

今日は久しぶりにこんな歌を。
子供のころ、姉のレコード盤を擦り切れるほど聴いて、ついにこれでフランス語を学んだ少年「ぼく」。シェフは日仏学院でフランス語を勉強したので、わたしがクルマの中🚗やなんかでこの歌を口ずさむと大笑いするんですね。わたしが子供心に聞こえたまんまで覚えこんだシルヴィー訛りのフランス語を。
ウルトラマンのバルタン星人の名前にもなった本家、アイドルを探せ。

「ラキバリポワネドシー」

あの頃に戻りたい。



そのシルヴィーが来るんですね。最後の来日公演だそうです。東京公演は6/1 オーチャードホールで。まさに「シルヴィーがやって来る イェ!イェ!イェ!」 観たい!!!




ようこそ、少年「ぼく」のパン・オ・ヌフの世界へ




posted by dady at 17:26| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: