2018年04月03日

ブログの終焉。時代は変わる。

土日とお天気にも恵まれて三浦の街道は車で埋め尽くされたのかな?大渋滞というわけでもなかったのかしら?
おかげさまで今年に入って土曜日は晴天つづき。春休みの土日はどこも子供連れで賑わったことでしょう。

このところの陽気のせいでパンの発酵もいくぶん早くなりました。おかげさまで土曜日もお昼すぎには早々と完売。もう少し作っておけば良かったと思うのは欲張りさん。今のリズムを堅持して、slow train coming. ナンノコッチャッ?

そいえば、女子フィギュアスケート金メダルのザキトワちゃん (さんづけではちょっと歳も離れていますので、ここはちゃんづけで ) に贈られるメスの秋田犬がマサルでは可笑しくない?ってことで外野はかまびすしいのですが、彼女にとって日本語は遠い国の見知らぬ言葉。その響きと意味するところのニュアンスが気に入っての命名ですから外野はシィ〜。実はわが家の三男坊、クララもうちにきた時はてっきり女の子だと思ってクララベルと名付けたのですが、そのうちあれれれ?あっ、君はおとこのこ~?ウ〜ン、そっか。でも、まっ、イイか。で、クララは堂々と、その天命をまっとうしたのです。十五年は長いようでも短かったなあ。ねえクララ、お昼寝の大好きだったクララベル、向こうでなにやってんだか?

スローライフがもてはやされたのはいつのことでしたか?時代はめまぐるしいですね。このブログという形式もすっかり薹が立ち、ツイッターだインスタだ facebook だと喧しいこと。要は長続きしないってだけの話。笑。
つらつらと文章を書き続けるのも結構辛いもので、ネタはすぐに切れてしまいます。写真で逃げるのが手っ取り早く、それにちょいと短文を添えて、このあたりがfacebookの当たった要因かしら?(しかも周りが寄ってたかって手助けしてくれるしぃ〜)それもやがてはメンドくさいと、一言コメントだけのツイッターからさらには写真だけで撮り逃げだっ!とインスタ映えのスタコラサッサ。少年老い易く学成り難し。
むかし人気の流行作家の五木寛之さんが、もう書くことがない、もうない、無い無いとなってそこから乾坤一擲、それでも文章を絞り出すのが作家なんだという趣旨のことを言われて、流石に世界の果ての、荒涼たる風景の地獄を味わうことの覚悟を思い知らされたものですが、世界はすべからく、しらっちゃけた荒涼たる風景なのですね。と、そんなネタで誤魔化すパン・オ・ヌフ。これもチョッピリ手が込んでいるのです。(笑)

さてこんどの土曜日はお天気予報は芳しくない。雨かもしれない。雨かなぁ☔️?雨。あ、め。



風が吹くと桶屋は儲かるけどパン屋は儲からない。雨が降ると、(泣) ごめんなさい🙇、やっぱり儲からない。雨天の場合は休業となってしまいます。今からてるてる坊主をぶら下げて、土曜日 晴れますように☀️。



八代亜紀さんの「雨の慕情」も驚きでしたが、ホセ・フェリシアーノを初めて聴いた時も十分衝撃的でしたね。


ようこそパン・オ・ヌフの世界へ


posted by dady at 06:43| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: