2018年03月25日

奇妙な1日。(奇妙な果実)

暖かくなりましたね。(先週の雪のお彼岸はなんだったの?)
この日の彼岸の中日は私たちの三男坊、クララの九回目の命日でした。子供たちといっしょに育ったクララは本人も(本猫も?)立派に三男坊のその自覚はあったようです。そうか、クララよ、永遠なれ!

クララベル.JPG

今日はお花見日和かな。三浦ではひと月ほど前からの河津桜祭りの賑わいも明けぬうちから今度は正真正銘の桜の満開の木の下で。なんだか桜疲れで嬉しいやら悲しいやら。個人的には桜はソメイヨシノ一本で行きたいもの。河津桜は河津で楽しめばいいんじゃない、というと罰当たりめがと商店街の皆様に叱られそうですが、大きな声では言えない本音。(ごめんなさ〜い)笑。とはいえ、京急線沿線沿いで見る河津桜と黄色い菜の花の共演は本当に心が癒されます。だから、人間って、ほんと、欲が深いんですね。

河津桜.jpg

さて、昨日の土曜日もそんな春の一日。薫風かおる、ん?これは五月か。早春の風薫る子供達の春休み最初の土曜日でしたが、これが朝からお客様が来ない。お昼を前にほんのちらほら。背筋に冷たいものが、、、。ああ、一年中桜祭りなら良いのに、、、。(笑)
ところがどっこいわからないのは女心と春の営業。午後からじわじわじわじわとお客様がおいでになられて、五時の終業時にはノアレザンひとつを残して完売(?)。人生はわからない。諦めた時がジ・エンド。

諦めきれない私たちはまだまだパンづくりの遥かな道の途上。美味しいパン作りと美しいパン作りは車の両輪。「フリュイ」の形が気に入らない。

DSCN193.jpg

「ボヘミアンマンゴー」の形が一定しない。

DSCN62.jpg

おまけに昨日は「薔薇の名前」の花びらの開きようが納得できない。

DSCN205.jpg

これはこれは、これは私たちの大きな課題です。見ているだけで引き込まれていくようなパン作りが私たちの目標です。そして食べたらさらに満足する。桜だってあの咲き誇る匂うような美しさあっての桜です。パンづくりの奥は誠に深い。桜暗黒方丈記。嗚呼、奇妙な果実。

「奇妙な果実」はビリー・ホリディが唄った名曲です。残酷な歌ですが、私たちの心の残酷さは同じ同胞にも向けられます。今年になってスタートしたレコード盤聞き納めの大音楽会もなかなか一日一枚は至難の技。一年どころか、この調子では五年はかかりそうな塩梅です。昨日は仕事も終えてお風呂に入り、さて、取り出した一枚は、、、

yokoono.JPG

今日は、そんな私たちの美しさの一つの基準をご紹介します。オノ・ヨーコさんは誤解された日本人の最右翼と言って良いのでしょうが、彼女ほど美しい人は他にいない。初めて「無限の大宇宙」を聞いた時の驚きと感動。全二十二曲。傑作、と言って過言ではありません。あれから四十数年の歳月が流れ、彼女の体調がすぐれないと聞き、月日の残酷さを思い知ります。全曲ご紹介したいのですが、今日はこの歌を。「サマンサの死」。どうぞ、心をオープンにして聞いてください。



yokoono2.JPG

今月はもう一日、三十一日土曜日、営業致します。


ようこそ桜の下の今が盛りのパン・オ・ヌフへ。




posted by dady at 11:06| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: