2017年12月29日

ポーク〜今年もいろいろありました。

一年のたつのは早いもの。師走は何かと来し方行く末を思い描いて目線が遠くに泳いでしまうものですね。

今年印象に残る出来事といえばやっぱり大相撲を騒がせたモンゴル勢の傍若無人に尽きるのかしら。貴乃花親方の理事降格でひとまず幕引きということですが、貴乃花の提起した問題は何も解決していない。
もともと無理があるのはこの問題の本質が八百長問題で、証拠がない以上それは難しい。世間の大騒ぎも結局そこは曖昧にして議論するものだから何が何だかわからない。ファジーな相撲の世界は常に八百長と紙一重、八百長はあってもいいが、紙一重でどっちに転ぶか?今の相撲が紙一重どころか二重であっち側に転んでしまっているところに貴乃花親方の深い絶望があるのでしょう。

白鵬の言う膿を出しきるのは果たしてモンゴル勢か相撲協会か?膿はどっちか?と言うことに最後は収斂して行くのでしょう。そう言う意味ではこのあと、いずれは訪れる白鵬の引退が無事に遂げることができるかどうか?この一点にかかってきます。有終の美を飾って横綱引退?多分、それはないのではないか?引退勧告か?解雇か?そのどちらか?きっかけは何かわかりませんが、つまり、白鵬には言い方は悪いけれど、××に付ける薬はないということです。

ネットでニュースを見ていると、いろいろと面白いものがひっかかってきます。自民党の石破茂氏がこんなことを書いています。
「その意味で、爆笑問題の太田光さんとのやりとりは私にとっても大変勉強になります。私の知っている限り、ビートたけしさんと太田光さんは本物の天才のように思われます。」
前後の文章は省略します。どうせロクデモナイ文章ですから。(笑)
(叱られそうですが、、、。)
本物の天才というものをこのような低い次元でしか想像できない政治家に日本の明日を任せていいのでしょうか。

世の中が矮小化して、世界には本物の天才と呼べるごく限られた人間が一握りに過ぎないかもしれないけれど、いるということ。それはテレビで御目に掛かるお手軽なおしゃべりや底の浅い道徳や、思いつきの提言などではなく、深い想像力の底から湧いてくる乾坤一擲なのです。ビートたけしさんも太田ひかるさんも見ていて楽しいですね。でもそれは、天才というような言葉でくくる次元の輩ではありません。ただ器用なだけなのですが、それを評して天才、、、???

先日、「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」を見てきました。ジョージ・ルーカスは人智を超えた力に憧れてそれをフォースと名付けましたが、しかしこのシリーズでそのフォースの深い世界が表現されたことは皆無なのです。それは憧れとしての人智を超えた力であってそれが何なのかを探す旅としての「スター・ウォーズ」の世界は完全に破綻している。大人のファンタジーに誰もそこまでは求めていないのですからそれも詮無いこと。ただのエンターテイメントですが、底が浅いとしてもそれは最優秀な物語なのです。しかし、石破茂さんのあの発言には、それとは別の浅知恵としての天才が思考の中心にデンとあることが政治家として問題だと思うのです。

さて、今年も晴れたのか曇ったのか?来年は晴れるのか曇るのか?パン屋のブログはあくまで軽く、まるで羽毛のように、、、

今年も一年お世話になりました。音楽好きの私のブログの最後を飾るこんな三曲をドーッとお聞きくださいな。







ありがとうございました。来たる来年は一月十三日(土)オープンいたします。
来年もよろしくお願いいたします。


ようこそパン・オ・ヌフの未来の扉へ


posted by dady at 11:33| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月22日

今年最後の営業になってしまいました。

一年の経つのは早いものです。
クリスマスを前にして、パン屋さんはシュトレン作りで忙しいことでしょうが、私たちもご多分にもれず。
今日は一日最後のご予約をいただいた皆様の分を焼いてシュトレンもおしまいです。先週ご用意しておいたシュトレンが全部売り切れてしまい、慌ててご予約分を仕込んで無事本日焼くことができました。
ありがとうございます。お店にも、明日、ちょっぴりお目見えできるかもしれません。

若いお父さんお母さんは子供のクリスマスプレゼントに今夜は眠れないでしょうね。眠れないなのは子供だけじゃない。
さて、クリスマス。聖夜を迎えてこんな歌で締めくくりましょう。
ギリシャの歌姫、ハリス・アレクシーウの「祈りをこめて」。

バブル華やかなりし頃、なぜか日本でも脚光を浴びたハリス・アレクシーウ。この頃来日してライブを披露してくれたのですが、今はどうしているのやら。「マギサ」という素晴らしく妖艶な歌がありましたが、今夜はこの歌、「祈りをこめて」で、きよしこの夜。
明日はお天気にも恵まれそうな旗日の23日。私たちも力一杯頑張ります。



ようこそパン・オ・ヌフの祈りの世界へ



posted by dady at 21:16| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月15日

師走に思う今年やり残したこと

今年も一年ありがとうございました。
とは言え、中途半端な営業で、むしろご迷惑をおかけしましたが正解かもしれません。「当てにならない」。これは食べ物屋さんとしては失格です。土曜営業と謳いながらも雨の日はお休みをいただきますというこの横着さ。恐縮です。

さて、そんな師走の16日。お空の模様は怪しいのですが、ヌフは予定通り営業致します。「クリスマス・シュトレン」もご用意して皆様のお越しをお待ちしております。

xmas1.JPG

xmas2JPG

本年の営業は残すところ16日と23日の二日間のみとなりました。今年最後の営業日、23日はお天気が悪くても営業いたします。23日のパン・ド・ミはご予約いただければ何斤でもご用意いたします。年末年始の食卓にヌフのパン・ド・ミをよろこんでいただけるのなら、私たちもこれは本望。腕によりをかけて頑張らなくっちゃ。ちゃ!
年明けは予定では1月13日の土曜日からの営業となります。良いお年を!

で、この一年。長い休み明けの春五月から営業を再開して、再開したとおもったら七月には夏休み入りで再々オープンが11月。これはもう失礼の返り討ち。それでも私たちのパンを🍞首を長くしてお待ち頂いた皆さまにはなんといって感謝の思いを伝えれば良いのでしょう。ありきたりで恐縮ですが、ありがとうございました。来年も今以上に美味しいパンをお作りして皆さまのお越しをお待ちしております。

今朝も冷たい朝。今年の冬は厳しいのかな?そんな厳しい師走の朝に、私たちの貴乃花親方は苦しい戦いを強いられています。平成も終わろうとするこの時代、私たちの大横綱は貴乃花しかいません。思えばもうすでに二十年以上前になりますが、あの貴乃花初めての優勝パレードに中野坂上で出くわしたのは懐かしい思い出です。
がんばれ貴乃花。と、心の底から思います。がんばれがんばれ👍
そうだ、私たちもがんばらなくっちゃ!


ようこそ徳俵に足がかかったパン・オ・ヌフヘ




posted by dady at 09:42| 神奈川 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月04日

絶対に美味しいクリスマス🎄シュトレン。、、たぶん?(笑)

( 笑。)
ヌフの数ある欠点のひとつに「自画自賛」というやつがあります。(笑)
そう、笑ってください。これっばっかりは持って生まれた性分ってやつで、バカは死んでも治らない。
最近ダイエットをやっているのは以前もこのブログでご報告したのですが、ハイ、続いております。そのお陰で先日ウォーミングアップで焼いたクリスマス🎄シュトレンも親戚や子供たちに配ってわが家の分は無し。食べない!いや、待てよ。それじゃあ味がわからない。ってなわけでちっちゃいシュトレンを作ってわが家のおくればせ、シュトレンです。奥にあるちっちゃいやつがそれです。
試食しました。乞うご期待!

DSCN3706.jpg

DSCN3746.jpg

販売用のシュトレンは、もちろん手前のでっかいやつ、500g です。

さあこのクリスマス🎄シュトレンですが、自分で言うのも角が立つ。そんなとびっきりのシュトレンはヌフの独断場。で、なにが違うの?
バゲットもカンパーニュもなにが違うのか、これはむずかしい。最近、おなかの中がピュアなので(笑)一口食べるとドスンとくる。味に関してとっても敏感なのです。で、このヌフのバゲットもカンパーニュ・べべもまずはひとくちご賞味あれ。食べるとこれが信じられないくらいに美味い😋。バゲットの皮はあくまで固くカリッと、中身はクラムがしっかり入っていて歯茎に応えるその硬質な味わいと言えば良いのか?どうでしょうか?口に出すと難しいですね。

DSCN3749.JPG

先日の営業日、べべの最後の一個がホールで売れるのを見るのは本当にありがたいですね。
べべの味わいはまたバゲットとは違って生地は固く柔らかく歯応えがある。(、、、ってどんな歯応えなの?)
バゲットは朝でも昼でも夕食でも。べべはやっぱり夜のメインにどっしりと食卓を飾るのが正解です。食べがいはあります。600g。(1日で食べるのはまず無理でしょうから、残りはラップに包んで冷凍庫へ。)ワインで捏ねあげた準強力粉、全粒粉、ライ麦の微妙な按配がうっすらとしたワインカラーに染め上げられて、くるみ、クランベリーの香りが匂い立つ。あをによし 奈良の都は 咲く花の にほうがごとく 今盛りなり。
そんな「べべ」をあなたにも、チェルシー。

DSCN186.jpg

シュトレンは次の営業日、12/16 (土)にはお目見えです。お待たせしました。愛のシュトレンをクリスマスに。
昨夜はスーパームーンでしたね。えっ?今夜?
さて、そんな師走の夜にはこんな愛の歌を。




ようこそ師走の愛のお店、パン・オ・ヌフへ。


posted by dady at 07:44| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月01日

緞帳はあがったけれど

さてもう十二月。師走の街に木枯らしが吹き荒び、なんだか慌ただしい様子も暮れの風景。
昨日はシェフがお店でシュトレンの試し焼き。去年とは微妙に製法が違うので、うまくいくのかどうかと試してみたのですが、これがなかなか難しいもんですね。本人は気に入らない様子。いよいよ来週はお店に出す商品を焼かなくてはなりません。去年の製法で作るか、それとも、、、?嗚呼、悩ましいけど、もう後はない。

と、思案の三丁目で佇むパン・オ・ヌフ。そんなヌフのクリスマス・シュトレン。只今、ご予約受付中です。お渡しできるのはまずは来週の土曜日、九日の営業日となります。
第2弾はその翌週の土曜日、十六日で、最終はクリスマス前の🎄二十三日、土曜日です。余ったら、二十四日も、な〜んて甘いことを考えたりして。(笑)
しかししかし、年内の営業は二十三日で終了となります。

師走の慌ただしさに私たちもちょっぴり浮き足立って、さて、もういくつ寝るとお正月🎍。
良いお年を〜〜ってチョット早いですね。

いろいろな事件はあったけれど、北朝鮮問題はどうなるの?相撲協会はどうするの?安室奈美恵はどうなるの?築地の移転は予定通りなの?憲法改正って、ホント?ヌフのシュトレン、製法はどうなるの?だけどだけどだけど。どんちょは上がったままで終わりは見えない。解決能力の欠如がこのご時世の特徴なのかもしれません。
しかし。
明日の土曜日、午前十時、開店です。


ようこそパン・オ・ヌフの世界へ


posted by dady at 10:18| 神奈川 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする