2018年12月12日

大人のための絵本の会

DSCN2361.jpg

ヌフ5年前のオープンから1年後あたりに開催を始めた絵本の会。
月に1回のペースで今月11日で34回目を迎えました。

最初は5人ほどだったのですが
現在レギュラーメンバーが12人になり
嬉しい限りです。
飛び入り参加の方もいたんですよ。

今月は12月とあってクリスマス会を兼ね
一品持ち寄りパーティ。

大人7名と子供1名でしたが
皆さん美味しいお菓子や果物
ハーブティーを持参してくださいました。

パンの棚に絵本が並びます。
ちょっと面白いでしょ?

絵本の会は何をするかと言いますと
それぞれが好きな絵本を抱えてきて
皆の前で読んだりその絵本について熱く語ったりするのです。
聞くだけの方もいます。

すでに読んだ絵本でも
耳で聴いて眺めるてると
新たな発見もあり
心に染み込む度合いもまた違ってくるようです。

小さいお子さんが両親はじめ誰かに読んでもらうという事は
とても大事な事だと思います。
また、読むのも楽しいんですよ〜🎵

うちの長男が小さい頃に読んであげた絵本を覚えていて
懐かしがったと聞くと「うふふ」と嬉しくなります。

クリスマス会なのでクリスマス絵本が大集合。
クリスマスといえばサンタ。
嗚呼〜サンタクロース。

「サンタクロースっているんでしょうか?」という
あまりにも有名な本があります。
今から120年前にアメリカの8歳の女の子がサン新聞社に
手紙を書きました。
「サンタクロースっているんでしょうか?」と。
この子供の純粋で真剣な質問に
サン新聞社では真剣に対応をし社説に答えを載せてくれました。
私の大好きな絵本でクリスマスが近づくと
必ず読むのですが、今回は皆の前で読んでみました。

子供の頃に心の中にサンタクロースの部屋を持つ子供は
信じるという能力を養うのだそうです。
目に見えないものを信じる力は子供の頃に養われるんですね。

posted by dady at 22:53| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月09日

ヌフ、久しぶりの営業

長らくお待たせしましたが
昨日は久しぶりのヌフの営業でした。

10時開店。
あら、来ない。
30分経つ。
カウベルの音が軽やかに鳴った。
「いらっしゃいませ〜」の声もちょっとうわずる。
あら、昨日のことなのに最初のお客様がどなただったか思い出せない。
でもそれからバタバタっとというかリリリリリン〜というか
続けざまにカウベルがなる。

いつもバゲットを真っ先に買ってくださるお客様。
久しぶりに近くに住む友人も来てくれた。
それからは
懐かしい方たちもたくさん来てくれた。
ああ、忘れられてはいなかったのね。
ありがたいことだとしみじみ思いました。

思いがけないことに「シュトレン」を希望される方が多くて
まごつく。けれど今年は準部不足で作れないのです。
ごめんなさい。

表で揺れる黄色い旗も
色が褪せてきたなあ。
来週も旗が揺れるように頑張ります(^o^)//



DSCN6257.jpg




posted by dady at 16:55| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月07日

明日、オープンします。

クリスマスらしく飾り🎄つけて、せっせと仕込みの最中です。

image-f9b11.jpg




posted by dady at 14:02| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

美しい冬空のもとに

しばらくお休みをいただいておりました
「パン・オ・ヌフ」ですが
今週の土曜日(12月8日)は営業したします。

お待ちいただいていたお客様には
本当に申し訳ございませんでした。

この美しい三浦の冬空の下で
今日は久しぶりの仕込みに入ります。
ちょっとドキドキ。

厨房もお店も綺麗にして
皆様のお越しをお待ちしております(^o^)//


DSCN2100.jpg
posted by dady at 09:31| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月23日

泣きの涙、ヤケのヤンパチ

もう、ほんとうに申し訳ない事態で毎週毎週平謝りで恐縮です。
今週もお店を開くことが叶いません。来週の12/3までお休みになります。
再開は12/8になります。
11月はほとんどお店を開くことができず、私たちも残念なのですが、残念を通り越して無念。泣きの涙。自棄のやんぱち。

それでも必ず、必ず再開いたします。今しばらくお待ちくださいませ。

パン・オ・ヌフ店主敬白






posted by dady at 07:45| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月16日

ごめんなさい。 ごめんなさい

あてにならないパン屋さんで申し訳ありません。
明日土曜日、またまたお休みとさせて頂きます。ほんとうに申し訳ありません。

パン・オ・ヌフ店主



posted by dady at 09:38| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月06日

またまたお詫びで恐縮ですが

10日、土曜日の営業はたいへん申し訳ないのですごお休みを頂きます。
次回の営業は17日となります。重ねてお詫び申しあげます。

先週はなんとかカンパーニュを作ろうと時間を調節して、朝も三十分早く出て来て(予定では)、ヨシ、後は発酵次第だぞ!と、計画もそこまでは良かったのですが、注文した全粒粉が取り寄せで金曜日に間に合わないと言われてthe End。
ごめんなさい🙇‍♀️私たちの甘い計画。
「甘い生活」という映画が昔ありました。子ども心にとっても刺激的で、あれはマルチェロ・マストロヤンニ?フェデリコ・フェリーニ監督の代表作ですが、子供の私にはさっぱりわからなかった。(笑)
わからなかったけれどもその「甘い生活」という響きだけが人格形成に影響して、今でも万事が甘い計画???

これからも変わらぬご愛顧を改めてお願い申し上げます。

パン・オ・ヌフ
posted by dady at 08:29| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月28日

ありがたや。

雨模様の営業でしたがありがたいことに開店の10時間過ぎにはその雨もなんとか上がり、お昼過ぎには二つ残して完売。?
今日はしかし、薔薇の名前が完璧でした!
ミニヨン・リモンが全滅でした(笑)。その姿形が。(泣) 味は大丈夫です、う〜ん、大丈夫だけど、これがなんとも難しい。
さて、らいしゅうこそ、らいしゅうこそかんぱーにゅを、あなたにも、チェルシー!

時は今。時間を味方につけて、カンパーニュをひねり出せ。願望を込めて。

Time is on my side.

為せば成る、かしら?



初期のストーンズは大好きでした。よく聞いたのはこの歌と「ハート・オブ・ストーン」。You Tube にその初期のストーンズのテレビ出演がいっぱいアップされていますが 、 悲しいかな、ぜえ〜んぶ手パク口パク。あの当時はこんな映像、動くストーンズなんて逆立ちしても見れませんでした。見れないだけにわたしたちは、想像の中でミックを、ブライアンを追いかけたものでしたが、わたしたちは幸せだったのです。






posted by dady at 05:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月27日

雨ニモマケズ

本日営業中!
10時開店です。
今日の「薔薇の名前」はとても綺麗です。
皆さま、どうぞ冷やかしにでも、いらっしゃいませ!
BAE67AAB-47F7-4871-A600-E288F9AD4F98.jpeg




posted by dady at 09:18| 神奈川 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月25日

お待たせしました。

先週はお休みをいただいて申し訳ありませんでした。相変わらずの不定期営業でご迷惑おかけしておりますが今週は営業いたします。
残念ながら私たちは二人でひとり。それなのに再開後も一人で片肺飛行が続いています。朝は9時まで一緒にパン作りを手伝っているのですが9時過ぎてからはシェフが一人で奮闘。
実はこの時間からカンパーニュ系の生地を成形して最終発酵に入るのですが釜に入る頃にはシェフがひとりで火加減を見ながらの作業となりますのでひとりではとてもレジまでは手がまわらない。そこで残念なことにカンパーニュはパス。

ノアレザンは無いのですか?
カンパーニュは?

申し訳ありません。そういう事情でまだまだ全力疾走とはいかず、中途半端な営業ですが出来る限りにご期待に添いたいと思います。
私もヌフのカンパーニュが食べたい。カンパーニュ・べべを食べたい。フリュイが食べたい。ああ、でも今は叶わぬ夢。

今週はリュスティックを作ります。そう、私たちのリュスティックを。あの、リュスティック、田舎風を。
パンは不思議ですね。私たちは不思議の国のパン屋さん。ふっシギふっシギふうーま。

不思議な夫婦でもあるのですが。(笑)

fruitNOUVEAU.jpg



posted by dady at 19:51| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月19日

明日の20日はお休みです。

大変申し訳ありませんが、明20日の土曜日はお休みとなります。
次回の営業は27日となります。
よろしくお願いいたします。

パン・オ・ヌフ




posted by dady at 20:39| 神奈川 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月13日

秋もたけなわ?

ありがたいことに夏は永遠に続かない。始まりがあれば終わりはくるもの。
パン作りもこの時期がいちばんありがたいのですが、過発酵の心配もなく、待てど暮らせど生地が上がってこない、なんて心配もなく、ただ心配なのは「ぜんぶ売れるかしら?」と、取越し苦労に身を苛まれるいつもの貧乏性な「わたしの孤独」だけ。
おかげさまで再開した先週今週と完売。ただ、秋の再開以後も私にできることは早朝から分割整形、お店の支度までで、そこでさようなら。あとはシェフにお任せで、申し訳ないことにカンパーニュ生地の手伝いまではお店に居られなくて、そのせいで皆さまにカンパーニュをお届けできていないのがやるせないところ。(つまり、端折ってるってこと。シェフひとりでは限界があるのです。泣 )
ごめんなさい🙇‍♂️、次回か、次々回の営業日には必ず、かならずお目見えさせていただきます。「べべ」のないパン・オ・ヌフなんて、氷の無い微笑のようなもの。ん?
なんだか要領を得ないパン・オ・ヌフですが、早いものでクリスマス・シュトレンなんて声も聞こえて来る季節になりました。



ムスタキが亡くなってもう五年。そういえば近ごろ「孤独」という言葉をあまり聞きません。たまに聞こえてくるときは必ず「孤独死」という暗い話題になってしまいます。「孤独」がネガティブに捉えられて、孤独な奴は人生の敗残者のようなイメージがつきまとうのでしょうか?
しかし孤独は大切です。ことに若い人には。「孤独」が人を叩き上げる。「孤独」に向かい合うことで人はその魂を鍛えられ、人生と向き合う勇気を与えられる。
孤独。いいじゃありませんか。「孤独の太陽」って歌もありました。孤独は輝いているのです。嘗ては、ですが。








posted by dady at 22:03| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

微妙なお天気ですか、朝からせっせと仕込み中

朝まだ暗いうちから生地の分割。すべての整形が終わるのにだいたい4時間、今日はカンパーニュがないので4時間ですが、カンパーニュを焼くときは5時間かな。しかし、これが、あっという間の4時間で、ふう?(汗)かな。

IMG_0056.jpg


で、すばやくハサミを入れて✂️「エピ・ザ・ツイスト」がオーブンに入る直前です。エビで鯛を釣る?なんか変だな?笑


posted by dady at 08:46| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月11日

哀愁のパン屋

哀愁のヨーロッパ

心配なのは女心と秋の空。週末、土曜日、ちょっとお天気が心配です。今夜が判断のしどころですが大甘に最終決定は金曜の朝。

パンを食すという醍醐味は、やはりそのシチュエーションにあります。どんな風にして食べるのか?
口を開けて食べると答えた方、ブーブー。それはパンを食べるのではなく、パンをついでに食べるのです。別にパンじゃなくてもいい。
しかし、パンじゃなくては困るのが、正しいヌフのパンの食べ方。(笑) ホント?

その昔、初めてのパリで安宿に泊まり、あさ朝食に降りていった食堂は、せいぜい10畳くらいの狭い部屋に丸い小さい食卓がいくつかてんでに据えられて私たちが座るとコーヒーカップがトントンと置かれ、後からマダムが右手にコーヒーポット、左手にミルクポッド、代わり番こに注いで周り、これが初めてのカフェ・オ・レでした。そうか、これがカフェ・オ・レか、この乱暴な注ぎ方がカフェ・オ・レには似合っている。そしてクロワッサン。シェフの目の中にはハートマークが二つも三つも。
しかし、バゲットは出てこなかった。これが私のバゲットとの初めての出会い。バゲットは出てこなかった。

大事なことは目に見えないんだよ。と、星の王子さま。

シェフは毎日朝早くに、わたしが寝ている隙に一人でパリの街に出て、どこかのパン屋さんでバゲットを買って帰るのです。彼女はそうしてバゲットを通してパリの街を見ていた。彼女はバゲットを大事に抱えて、そのパン屋さんは青い壁にくすんだ白い板壁のパン屋さん。

土曜日、お天気が崩れませんように。






posted by dady at 09:24| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月07日

偏屈オヤジ



貴乃花が引退しましたね。一連の報道を見ていますと、なんとも巧妙、流れを作ったのはマスコミと言っていいのでしょうね。親方は必ず五つの一門に属さなければならないなどという決定が七月になされたなんて話はどこのマスコミも報じなかった。
流れを作り、貴乃花を追い込み、まるで用意周到な迷路に誘い込んで貴乃花を引きづり降ろす。
相撲協会とマスコミが結託して、怖いものです。この一連の出来事は何も今回の相撲の世界に限らず、全てがマスコミとつるんで裏でプロパガンダの糸を張り巡らす。全ては情報戦争。こうした情報戦争の一旦が見えてくるのは昔では考えられなかった事ですが、少し考えればこうした隅々の仕掛けが見えてくる。
九月に貴乃花が倒れたのは大好きな相撲の世界から去らなければならない自分の運命に心が折れかけたのでしょう。心労がピークに達したことは今から見ればよくわかります。弟子たちをどうやって守れば良いのか。千賀ノ浦部屋に弟子を移すという今回の騒動も報道では千賀ノ浦親方は寝耳に水、何も聞いていないと発言しましたが、こんな大事なことをなんの断りもなく独断で発表するわけがない。恐らくは千賀ノ浦親方に迷惑がかからないようにと貴乃花の独断で発表したという体裁をとってのことだったのでしょう。協会に残る親方や弟子たちには迷惑が及ばないようにと貴乃花は考えてのことだったのだと思います。それくらい貴乃花は協会から疎まれ、蜘蛛の糸にからみとられていたということです。それでも、土壇場に追い込まれても、貴乃花はそういう思いやりのある人間なのでしょう。

貴乃花は負けたのでしょうか?世界は全てこのような縮図。貴乃花は勝てなかった。しかし、負けたわけでもない。横綱引退から十五年。貴景勝、貴ノ岩、貴源治、貴公俊と幕内力士を4人も育て、これからが楽しみであった貴乃花親方の無念は想像に余りあるものがありますが、関取を4人も育てたのは貴乃花の親方としての器量です。


鈴木宗男という馬鹿な元代議士のブログから抜粋させていただきます。  
 『そもそも昨年10月末の日馬富士暴力問題も正しくない、事実でない報道からスタートした。その元をつくったのは、貴乃花親方ではないか。「ビール瓶で殴った」とセンセーショナルなショッキングな見出し記事は、誰が言ったのか。同席していた白鵬関が否定し、あとで素手とリモコンで殴った事が判明した。
 暴力はあってはならない。日馬富士は責任をとって横綱を辞めた。「ビール瓶で殴った」という嘘話が出なければ、日馬富士の責任のとり方も変わっていたのではないか。
 貴乃花親方が「相撲道」とか「改革」とよく言われたが、言葉の遊びで具体的にどうするのか示しただろうか。
 人の道に反していたのはどちらだろうか。冷静に考えるべきである。』


これが代議士なんですね。わからない人間はいるものです。
力士の身体は全身凶器と言って過言ではありません。私らの喧嘩とはワケが違う。うなだれた力士を相手に、戦う気力もない力士を相手に、先輩だから頭が上がらない後輩を相手に、頂点を極めた相撲のプロが思いっきりつっぱりをかましたら相手は死ぬかもしれない。ビール瓶より力士の拳の方が強いでしょう。空手家は手刀でビール瓶の首を落とします。そんなこともわからない元代議士。本当にバカなんですね。

相撲道も改革も、具体的な設計図なんぞがあるワケがない。真の相撲道も改革も力士が体現して初めて意味をなすのです。相撲の世界で改革とは、真の王者が手本を示す、これ以外にありません。その真の王者を育てることが改革であり、相撲道の成就なのです。
相撲に限らず、どの世界でも、真の王者が身をもって体現する以外にありません。心技体。昔から言われるように、心技体。この三つ。
だから日馬富士もましてやあの白鵬なんぞも真の王者ではないのです。
小物がはびこるこの世界に、もはや真の王者なんぞは死語かもしれません。

貴乃花親方は負けたのでしょうか?





posted by dady at 22:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月06日

戦いすんで日が暮れて

ご無沙汰しました。
本日は久しぶりの営業に勝手を思い出すのに四苦八苦、その割には手際良く、ラインナップの七割勝負でお茶を濁したとも言えそうですが、今日はこれが精一杯。カンパーニュ生地が少なかったのは申し訳ないことでした。
いきなりフルスロットルとは参らぬようで少しずつギアを上げていきます。
しかし、久しぶりに見る「かぼちゃパン」はとっても美味しそう、「イモ・デ・ゴワス」は思わず生つばもののトゥーマッチ!
どれも一度は食べてみたい。そう、灯台下暗し。嗚呼、ヌフのバゲットよ。食べたい。来週土曜日、お待ちしております、see you next.


パン・オ・ヌフの真骨頂






posted by dady at 20:24| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やっぱり熱い、厨房のなか

汗をかきかき作ってます。
二ヶ月ぶりのパン作り、今のところ破綻(笑)もなく、美味しそうに焼きあがってきます。
薔薇の名前がうっかりシナモンを振りかけるのを忘れそうになって大慌て、ま、にんにんです。



ようこそパン・オ・ヌフの世界へ







posted by dady at 09:23| 神奈川 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月05日

不安がいっぱい

つれづれにラインナップを眺めるにつけ、不安が頭をもたげてきます。
頭の中でイモ・デ・ゴワスの作り方を反芻して、えっ、これでよかったっけ?きび砂糖はあるよね、黒ごまは?
バゲットは、ハイジは?
なるようになるかしら?




posted by dady at 12:21| 神奈川 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お天気が心配ですが。

今日はもう空からポツポツ来ていますが、明日のお空はどうかしら?
本日すでに仕込みを始めていますのでもう後戻りはできません。
上手くできるかしら?とちょっぴり不安なわたしたち。もうすでに予約も入ってギアはトップに入りました、ナ〜んちゃって。
皆さまのお越しをお待ちしております。



ようこそ、ヌフフ


posted by dady at 11:35| 神奈川 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月27日

再開の延期のお知らせ

29日に再開の予定でしたがこのところの長雨でお店のメンテナンスが不十分で、皆様には大変申し訳ないのですがオープンは10月6日の土曜日にに繰り延べさせていただきたいと思います。
やはり二ヶ月お休みするとお店の内外共大掃除を済ませて、なによりお天気が回復しないことにはお店の中を十分にメンテナンスすることが叶わず、私どもの不用意な準備を重ねてお詫び申し上げる次第です。
ご容赦ください。

よろしく、よろしくお願いいたします。

パン・オ・ヌフ店主敬白
posted by dady at 23:35| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする